【バドミントン部】 単複ともに活躍みせる

 6月25日、東淀川体育館において平成24年度関西学生バドミントン選手権大会が行われ、男子シングルスΑで安田僚(社3)がベスト4、男子シングルスBで宇野耕輔(理2)が優勝、男子ダブルスBで武田雅史(社3)・渡辺和貴(人1)組が準優勝を果たした。
試合後のコメント
武田「大学からバドミントンを始めて経験者に負けたくない思いで練習してきたので今回の結果を残せて満足している。サーブ、レシーブを強化して西日本大会に臨み、インカレに出場できるようにがんばりたい」
宇野「優勝したがあくまでBなので満足はしていない。Αと比べるとまだまだ実力不足なので、基礎をまた一から強化してΑでも上位にいけるようにがんばっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です