【カヌー部】 夏の始まりを告げる大阪学生「収穫あり」

 6月23日、芦屋キャナルパークにおいて第42回大阪学生カヌー選手権大会が行われた。公式試合ではなかったものの男子は多くの選手が表彰台に上り、夏に向けて勢いをつける試合となった。一方の女子は武女大に差を見せつけられ、悔しい結果に終わった。
試合後のコメント
主将・田村亮太(理4)「結果が出た人も出なかった人も夏に向けての課題が見つかったと思う。去年の結果を上回るために、関学選(関西インカレ)で勢いをつけて夏を制覇したい」
女子リーダー・金光藍(文4)「今日は武女大に惨敗だった。このままではダメだと感じた。気持ちで負けていたので、もっと勝ちにこだわっていきたい。今日はみじめな姿を見せてしまったので、関学選ではOB・OGの方々にほめてもらえるように絶対に結果を出します」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です