【アイスホッケー部】 善戦するも関大に敗北

 6月23日、関西大学アイスアリーナにて行われた第61回関西学生氷上競技選手権において関学は1ー4で関大に敗れた。立ち上がりからハイペースに試合は進む。第1P(ピリオド)互いに1得点ずつ挙げる。第2Pにリードを奪われ、第3Pに追加点を決められるとそのまま試合終了。勝利を期待させる試合であったが関大の壁は厚かった。
試合後のコメント
主将・谷本翔(文4)「シュートから入ることを意識していた。キルプレー(数的不利な状況)での失点が敗因。力の差はあるが、勝てない相手ではない。この試合をいい試合で終わらせず次につなげたい

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です