【バレーボール部】 まさかの終幕

 6月22日、広島県立総合体育館において第38回西日本バレーボール大学男子選手権大会(第2日目)が行れ、関学は愛媛大にセットカウント2ー3で敗北を喫した。フルセットの末勝利を逃した関学は、トーナメント戦2回戦敗退に終わった。
試合後のコメント
主将・佐川翔(経4)「愛媛大は、身長は低いがよくボールを拾う選手が多かった。関学の根負け。明日、明後日にベクトルを向けていたが足元をすくわれた。みんな自分に甘いと思う。ここまできたら技術どうこうではない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です