【ハンドボール部男子】 関大との熱戦に敗北

 6月16日、関西大学中央体育館メインアリーナにて第35回総合関関戦が行われ、32ー35で関大に敗北した。春季リーグ戦では1点差で関学が勝利。力は拮抗(きっこう)し、試合は白熱した。後半20分まで関大にリードを許さなかったが、その後立て続けに失点。関学は惜敗した。
試合後のコメント
主将・矢吹悠帆(人4)「立ち上がりは良かったが、ディフェンスが機能せず点の取り合いになってしまった。相手が退場しているときに、点を重ねられなかったのが敗因。アウェイだったが、多くの応援があり心強かった。関学のために勝ちたかった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です