【硬式野球部】 総合関関戦で引き分け

 6月15日、関西大学高槻キャンパス第3グラウンドにおいて第35回総合関関戦が行われ、2ー2の引き分けとなった。初回関大に先制を許すも、2回表に中島英(経3)の2点本塁打で勝ち越す。しかし7回裏、継投の蒔野(文4)が打ち込まれ2ー2の同点にとなり、関大に引き分けた。
試合後のコメント
清水監督「好機を物にできなかった。1死満塁で攻めきれなくては勝てない。その中で中島(英)の活躍は収穫」
主将・萩原圭悟(商4)「リーグ戦と変わらず、チャンスで打線がつながらなかった。敗戦ムードの中で、どうにか引き分けに持ち込めてよかった」
中島英二郎「打ったのはストレート。フライになるかと思ったが、案外伸びてくれた。秋季リーグ戦でもスタメン出場できるよう、これからも頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です