【バレーボール部】 全員バレーで関関戦勝利!

 6月15日、関西大学において第35回総合関関戦が行われ、関学がセットカウント3ー1で勝利を収めた。第1、第2セットを先取した関学は、第3セットこそ落とすものの強さを見せつける。若手の活躍も光り、見事白星を手にした。
試合後のコメント
主将・佐川翔(経4)「2、3セット目はBチームでいくと最初から決めていた。あのような展開になったのは、まだ新しいチームでつめきれていないだけ。でも第1セットと第4セットであれだけやられていたら、次の西日本インカレで優勝はできない。そんな中、万全の状態ではない東田(人1)が試合に出たいと自ら志願してくれて嬉しかった。チームにいい刺激を与えてくれたと思う。今回の総合関関戦は関学の史上初の4連勝がかかっているので、他の競技にもそれを意識して頑張ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です