【ハンドボール部男子】 新人戦で大体大に勝利し3位

 6月10日、大阪体育大学において行われた第20回関西学生ハンドボールトーナメント選手権大会、3位決定戦が行われ、関学Bチームは33ー26で大体大Bチームに勝利した。前半から強豪大体大と互角の戦いを繰り広げる。17ー15とリードして迎えた後半、相手の退場も重なり大体大を圧倒。33ー26で完勝した。
試合後のコメント
主将・小路健太郎(教3)「すごく気持ちいい。走りこみで体力がついてきた。Aチームが負けていたこともあり、強い気持ちで臨んだ」
監督・笹野浩希(人4)「後輩が頑張ってくれた。僕の戦略通りだった。全員の勝利だと思う」
11得点を上げた彌富俊輔(経2)「関西でも突出した大体大に勝てたことは自身になる。相手ディフェンスが低いこともあり気持ちよく打てた」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です