【庭球部男子】 辻田・黄ペア準優勝

 6月2日、靭テニスセンターにて平成24年度関西学生春季テニストーナメントが行われ、関学は男子ダブルスで準優勝となった。昨年の春関王者・辻田康太郎(商4)・黄賢人(経4)ペアが連覇を狙い積極的に攻撃を仕掛けるが要所できめることができず敗北。悔しさが残る準優勝に終わった。
試合後のコメント
辻田康太郎「全国のトップレベルの人たちに勝ったこともあったし、関西で勝つのは絶対だと思っていたので準優勝は本当に悔しい」
黄賢人「緊張もあったし勝たなければいけないというプレッシャーもありメンタルの部分で弱さが出てしまった。これからは練習あるのみだと思うので、インカレに向けて調子を上げていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です