【陸上競技部】 総合関関戦前哨戦、惜敗喫す

 5月27日、大阪府服部緑地陸上競技場に於いて第35回総合関関戦陸上競技大会が行われた。関学は走幅跳や400㍍Hで圧倒的な強さを見せるも、トラック競技での合計得点が伸びず20ー26で関大が優勢に立つ。フィールド競技での合計得点が20ー16となり、総合得点40ー42で関学は無念の惜敗を喫した。
試合後のコメント
主務・森将大(商4)「全員のベストが出せれば、勝てたはず。チーム全体として関西インカレからの気の緩みがあったと思う。全員で気を引き締めていきたい」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 髙木 正 より:

    全関2連覇で関関戦は絶対勝ってもらえると期待していただけに残念至極。一番負けて欲しくない相手に! がっかりです。永遠のライバルに余裕を持って勝てるほど甘くないこと全体育会に与えてくれた教訓と思います。 この悔しさを駅伝などビッグイベントに掛けてください。
    関学体育会ファン 50年卒 体育会OB 髙木 正 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です