【バスケットボール部男子】 課題も残るが初戦突破

 5月27日、大阪市中央体育館にて第62回西日本学生バスケットボール選手権大会初戦(対西南大)が行われ、関学は136-76で勝利した。
序盤から西南大を大きく引き離し関学の強さを見せたものの、気持ちの緩みが出てしまい課題が残る試合となった。
試合後のコメント
主将・川嶋勇人(経4)「絶対に勝てるという気の緩みから、だらだらしたゲームになってしまった。いつものハッスルプレーが一つもなかったし次戦ではモチベーションをしっかり上げて臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です