【レスリング部】 1勝2敗で明日へ

 5月26日、堺市金岡公園体育館で平成24年度西日本学生レスリング春季リーグ戦が行われた。2部リーグの関学は、初戦の天理大に5ー2で勝利するも、続く近大、九共大にそれぞれ1ー6、2ー5で敗北した。1日目を終え現在1勝2敗。明日、残りの2試合が行われる。
試合後のコメント
主将・材木聖史(人4)「悪く言えば下馬評通りの結果になった。天理大にしっかり勝てたのは良かった。1年生もよくやったと思う。ただ野澤(人3)や板場(人1)が勝てる試合を落としたのはもったいなかった。取れるところはしっかりと取りきれるように、今日の反省を生かして明日に臨みたい。特に大体大には絶対に負けられないので、頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です