【陸上ホッケー部男子】 43年ぶり関西3位!

 5月20日、柊野ホッケー場において行われた関西学生ホッケー春季リーグ、決勝トーナメント3位決定戦でで関学は聖泉大に5-3で勝利し、春では1970年以来となる関西3位となった。
 
 
 後半に一時逆転されたがDF中島(社4)のハットトリックなどの活躍もありすぐさま再逆転。聖泉大を振り切り6月に行われる全日本大学王座に関西第3代表としての出場権も獲得した。
試合後のコメント
主将・松田恭輔(文4)「ギリギリだった。逆転された時は動揺はあったが、残りの時間を考えるとすぐに全体が落ち着くことができた。すぐに同点、再逆転とできたところはよかった。春リーグを通して各ポジションごとが何がしたいのかバラバラであることがわかった。もっと全体で根本的なところから打ち合わせていかないといけない。全日本王座で目標である全国ベスト4以上を達成するために1から強化していく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です