【陸上ホッケー部男子】 天理大に敗北

 5月19日、柊野ホッケー場において行われた関西学生ホッケー春季リーグ、決勝トーナメント準決勝で関学は天理大に0-3で敗北した。 
 前半をスコアレスで折り返すも後半13分に先制点を許すと徐々に天理大にペースをにぎられ失点を重ねた。PC(ペナルティーコーナー)で反撃を試みるもゴールは奪えなかった。明日、3位決定戦で聖泉大と対戦する。
試合後のコメント
主将・松田恭輔(文4)「相手のペースに合わせてしまった。天理大は決勝で当たる立命大に研究されないためにかなり引いて守っていた。こちらとしてもロースコアに持ち込みたかったが、相手のペースに合わせてしまって相手の思うつぼとなってしまった。PCは2本とれたが決め切れなかった。決められなければこうゆう試合になる。(2本目のPCは惜しくもポスト直撃)あそこで決められなかったのが勝負の分かれ目。強豪と対戦するというのはこういうことだと思い知らされた。まだ天理大にリベンジするチャンスはある。1年生も含めて自分たちがどこを目指しているか改めてわかったはず。明日の3位決定戦はしっかり勝利して次につなげたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です