【硬式野球部】 宿敵にサヨナラ勝利

 5月13日、阪神甲子園球場において行われた関西学生野球六大学春季リーグ戦(対関大3回戦)。両先発投手の投げ合いとなった。0―0のまま、迎えた11回表、関学の先発・蒔野健太(文4)は1死満塁の危機を迎えるも、気迫の投球で乗り切る。するとその裏、女房役である2番・山崎裕貴(経3)が、三遊間を抜ける適時打を放ち、関学は1―0でサヨナラ完封勝利。見事、今季初の勝ち点を獲得した。
試合後のコメント
清水監督「蒔野は前半のピンチによく耐えた。互いにライバル意識の強い関大との戦いで勝利できたのは大きい」
主将・萩原圭悟(商4)「伝統の関関戦で勝ち点をとれたことはチームにとってプラスになる。関大に勝てた勢いをそのままにいい雰囲気で近大戦に臨みたいです」
サヨナラ打を放った山崎裕「すべてのピンチを粘って抑えられたのが良かった。打席には最低限の仕事をしようと思って臨んだ。残りの試合も勝ちにこだわって、チームに貢献したいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です