【ボクシング部】 リーグ初戦、白星飾れず

 5月13日、関西大学において第66回関西ボクシングリーグ戦初戦(対龍大)が行われ、3-6で敗北した。序盤0-3とリードを許すも、バンタム級石丸(経4)が白星を挙げ、流れを作る。ライト級高木(経3)、ライトウェルター級金澤(経4)が勝利し、3-4へと詰め寄る。だが勢いに乗りきれず、3-6で敗北。リーグ初戦を白星で飾ることは出来なかった。
試合後のコメント
主将・宮本健志「3-6という結果は悔しいが、0-3から流れを作ることができた。最初から最後までいい流れでいくように、チーム一丸となって戦っていきたい。今日見つかった課題を見直して、次戦こそ絶対にとりにいきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です