【サッカー部男子】 完封負けで連敗

 5月13日、キンチョウスタジアムにおいて第90回関西学生サッカーリーグ(前期)第8節が行われ、関学は桃学大に0-2で敗れた。0-0で迎えた後半、攻勢に出た関学だったが、同34分に失点すると、ロスタイムにも追加点を奪われ、連敗を喫した。関学は現在2勝4敗1分の勝ち点7で12チーム中11位。今節でリーグ戦は一時中断し、来週からは第41回関西学生サッカー選手権大会が行われる。
試合後のコメント
副将・横江諒(社4)「試合を通して闘う姿勢は出せたが、チャンスで決めきることができなかった。頑張るだけではなく結果にこだわらないといけない。1試合1試合を大事にして、全て勝つつもりでやっていきたい」
DF井林章(経4)「失点するまでは良い形ができていたが、決めきれずに相手に流れを与えてしまった。しっかり守備をすることで自分たちの形でサッカーができていたが、ゴール前の詰めが甘く、また守備陣も崩れてしまい、良い流れを寄せ切ることができなかった。関西選手権は一発勝負なので、どこまで結果にこだわれるかが大事になると思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です