【卓球部】 男子あと一歩及ばず、女子は龍大に大金星!

 5月12日、近畿大学記念会館に於いて平成24年度関西学生卓球春季リーグ戦男子(対立命大)、女子(対龍大)が行われ、男子は一歩及ばず敗北するも、女子は見事接戦を制した。男子は1-1で迎えた3番シングルスの小澤(人3)が第5セットまでもつれ込み奮闘。しかし序盤はリードするも、終盤に粘りきれず敗北してしまう。その後宇仁田(法1)、和田(商2)が勝利するも惜しくも3-4で敗北を喫した。一方女子はダブルス終了時点で2-2の激戦を展開。5番シングルスの濱(文2)がストレート勝ちを収め一歩リードするも、6番シングルスで敗北しめしまう。3-3で迎えたラストシングルスの尾形(文4)は第1セットで圧勝すると危なげなく試合を進め、3-1で快勝。関学は4-3で見事激戦を制した。
試合後のコメント
主将・上野康治(経4)「負けてしまったが、実力は均衡していたと思う。勝負が決まった後も気持ちを切らさず最後までプレーできたのがよかった。明日は最終戦なので絶対に勝ちたい」
女子主将・尾形遥「取れる試合で勝てたのが勝因。みんなの勝ちたいという気持ちが勝利に結びついたのだと思う。でもやはり競ったときに負けてしまうので、最後まで気を引き締めないといけない。明日も必ず勝って春季リーグ戦を終えたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です