【ハンドボール部女子】 神大に大差で勝利するも課題を残す

 5月6日、関西福祉科学大学において平成24年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦5戦目(対神大)が行われ、37-8で関学が勝利した。前後半ともにミスが目立ち大差での勝利も課題が残る試合となった。現在全勝中の関学。2部優勝は来週の最終戦での勝敗で決まる。
試合後のコメント
東知絵(教4)「30点差をつけて勝つという目標が達成できなかった。(力の入れ加減を)相手に合わせてしまう。シュートミスも目立った。それが弱さだと思う。最終戦に向け体力を落とさず、シュートの精度をあげる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です