【ボート部】 女子舵手つきクォドルプルで決勝進出

 5月5日、滋賀県立琵琶湖漕艇場において行われている第65回朝日レガッタは大会3日目を迎え、一般女子舵手つきクォドルプル準決勝で関学クルーが決勝に進出した。強風のため予定より約2時間遅れで行われた準決勝2組に出場した関学は、500㍍1分56秒66で2着に入り、決勝へと駒を進めた。決勝は明日11時45分、6艇で発艇予定。また男子エイトはこの日に順延となった予選で、3組の5着に入り準決勝に進出したが、準決勝1組で最下位となり敗退した。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です