【陸上ホッケー部女子】 関大に勝利も1次リーグ敗退。

 5月3日、天理親里ホッケー場において行われた、関西学生ホッケー春季リーグ最終節関大戦で関学は4ー1で勝利。4勝2分で勝点では同率1位となったが得失点差で同大、聖泉大に差をつけられ、1次リーグ敗退が決定し、6月に行われる全日本王座の出場権獲得も逃した。 
 試合は前半4分にFW今井(人1)の先制点、FW阿部(教2)の2試合連続となるハットトリックで常に優位に試合を進めたが、得失点差で3位に入ったことが決定し、メンバーの表情は暗かった。
試合後のコメント
金木竜太郎コーチ「昨年まで最下位だったチームがよくやってくれたと思う。リーグを通じてやっと技術のある1年生がチームと溶け込んできたかなという感じだった。しかし、得失点差で負けたということはやはり悔しい。欲が出てしまいますね。次までにこのリーグで見えた得点力不足という課題に取り組んでいかなければならない」
主将・岸田文香(総4)「悔しいです。でも(関大戦の前に行われた)同大と聖泉大の直接対決を見ても自分たちより格上だなと改めて感じた。それを考えると自分たちはまだまだ上にいくレベルではないということだと思う。この悔しさを持ってもう一度部員全員で1からスタートしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です