【サッカー部男子】 大量4発で快勝

 5月3日、JーGREEN堺メインフィールドにおいて第90回関西学生サッカーリーグ(前期)1部第6節が行われ、関学は大産大に4-1で勝利し、今季2勝目を収めた。前半8分にMF関(人3)のゴールで先制した関学は、後半16分に追いつかれるも、その後途中出場のFW山内(社4)の2ゴールなどで大産大を突き放した。6試合を消化し現在勝ち点7。次節は5月6日に行われ、関学はJーGREEN堺S2フィールドで14:00からびわスポ大と対戦する。
試合後のコメント
FW山内一樹「1-1になって少し雰囲気が悪くなっていたので、(途中出場で)出たら絶対に取ってやろうと思っていた。2点取れて良かったと思う。4点入ったが2点目を奪うまでに時間がかかりすぎた。前半に2、3点決めていればもっと楽に試合が運べたと思う。次はスタメンで出られるように練習に励みたい」
MF関皓平「最近試合に出られなくて悔しい思いがあったので、結果を出せたし、チームも勝てて良かったと思う。前の方の選手は仕掛けられる人が多いので、良い状況で仕掛けられるボールを供給することを意識した。大型連休中の連戦を勝ち越して勢いにのっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です