【バドミントン部男子】 立命大に接戦の末敗北

 5月1日、大阪市中央体育館にて平成24年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会第2戦(対立命大)が行われ、関学は2-3で敗北した。シングルス2、ダブルス1を連取し2-1とリードを奪った関学。ダブルス2では接戦になったが流れに乗れず敗北。シングルス3も敗れ関学はリーグ戦2連敗となった。
試合後のコメント
主将・伊藤史人(総4)「勝てる相手だっただけに勝負どころで決めきれず負けたのは悔しい。もう2連敗してしまったのであと3戦、絶対に勝ちに行く」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です