【陸上ホッケー部女子】 神外大に19ー0で圧勝

 4月28日、甲南大学ホッケー場において関西学生ホッケー春季リーグ第5節が行われ、関学は神外大に19ー0で勝利した。前半開始早々に先制すると、関学は次々に得点をあげる。その後、終始関学ペースで試合を展開し、19ー0で快勝した。次節は関大と対戦する。
試合後のコメント
金木竜太郎コーチ「良い形で攻めた時に決定力が足りなかった。まだ相手に合わせて遠慮しているところが何となくある。だが、メンバーを替えても試合の流れは変わらなかったのでそこは良かった。次戦はもっと連携したプレーが試される時だと思う。その頑張りに期待したい」
主将・岸田文香(総4)「勝ちはしたが、得点力不足だった。気持ちは入っていたけどそれだけではダメだった。次節の関大戦は絶対に負けられない。もう一回、気を引き締めて臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です