【ソフトテニス部女子】 関西6連覇ならず

 4月29日、京都府福知山市営コートに於いて平成24年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(第2日目)が行われ、関学は準優勝に終わった。関大に1-2で敗北、天理大に3-0で勝利。この時点で関学を含む三校が首位に並ぶ。得失ゲーム数差により関大が優勝。関学は準優勝に終わり、関西6連覇を逃した。
試合後のコメント
主将・岡田博名(文4)「すごく悔しい。しかし必要な負けだと思う。下を向いている時間はない。6連覇できなかったことは残念だが、最終目標である日本一に向け練習を重ねていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です