【拳法部】 西日本団体戦で初優勝!

 4月22日、大阪府立体育会館において第16回西日本学生拳法選手権大会が行われ、関学が初優勝を果たした。今大会は7人の団体戦で争われ、勝ち抜き勝負で試合が行われた。関学は男子1部予選リーグ戦を順調に勝ち進み、男子1部決勝トーナメントへ。関大に勝利し、決勝戦(対立命大)へ進んだ関学は谷(商1)の活躍もあり、見事優勝に輝いた。
試合後のコメント
主将・葭安大地(商4)「チームが力を合わせた最高の勝ち方だった。今回の結果におごらずに、今年出場する大会すべてにおいて勝っていきたい」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 高木 正 より:

    拳法部の皆様
    優勝おめでとうございます。
    優勝の瞬間現場で見させて頂き、空の翼を皆様と一緒に歌わせて頂きました。 感激至極です。
    西日本は通過点として、選抜・全日本も頂点を目指して頑張って下さい。 
    現役の皆様の努力と、草竹監督初め御指導頂いたOBの方々の御支援が機能した伝統の総合力の賜物と存じます。
    昭和50年卒 拳法部OB 高木 正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です