【ハンドボール部男子】 7点差で桃学大下す 

 4月22日、同志社大学京田辺校地ディヴィス記念館に於いて平成24年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦3戦目(対桃学大)が行われ、33-26で関学が勝利した。試合は終始関学ペースで進んだ。前半途中5点差を追いつかれ同点となるも、焦る様子はなく、16-13で前半を終える。後半も攻撃の手を緩めない関学は33-26と点差を離し、桃学大に勝利した。
試合後のコメント
主将・矢吹悠帆(人4)
「昨年敗北し、相性の悪い相手だったため、負けられないという思いが強かった。点差を開けることができたことはよかった。チームの勝利を喜びたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です