【硬式野球部】 延長12回引き分け

 4月21日南港中央球場に於いて、平成24年度関西学生野球六大学春季リーグ戦(対近大2戦目)が行われ、3ー3の同点に終わった。初回、投手・蒔野(文4)の悪送球などで失点するも、2回裏には4番・萩原(商4)の三塁打などで1ー1の同点に追い付く。その後、両チームとも追加点を得ることなく試合は延長戦へ。11回表、継投・永島(商3)の制球が定まらず3失点。その裏、萩原の適時打などで2点を返し、同点に追い付く。しかし、3ー3のまま12回が終了。連盟規定により引き分けとなった。
試合後のコメント
清水監督「粘り強さは出てきたと思うが、もう少し早く打線に火がついていれば投手も楽になっていたと思う」
主将・萩原圭悟(商4)「全力疾走、声出しを心掛けた結果、粘り強い攻撃ができた。明日も頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です