【バレーボール部】 粘りのバレーで接戦制す

 4月22日、近畿大学に於いて2012年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第3戦(対大産大)が行われ、関学はセットカウント3―2で勝利を収めた。今年のチームが目指す「粘りのバレー」を展開した関学。激戦を制し、リーグ戦通算成績を2勝1敗とした。
試合後のコメント
主将・佐川翔(経4)「勝ちたいという気持ちから、粘りのあるプレーができたと思う。下級生も多く試合に出場したが、活躍してくれて頼もしかった。今日のMVPは後輩たちを引っ張ってくれた横山(人4)。次は昨リーグ戦王者である甲南大との対戦なので、昨年のリベンジを果たしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です