【準硬式野球部】 最終戦につながる勝利

 4月19日、大阪府立南港中央野球場に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第5節1日目(対関大)が行われ、6対4で勝利した。先発・妙見(経4)は序盤から好投を見せる。5回、9番・深堀(商4)が出塁すると、続く1番・長井(法4)もセンター前ヒットを放つ。相手のエラーで1点を先制した関学は、3番・高島(商4)の3塁打で2点を追加。さらに1点を奪い、4対0となる。6回に1点を追加し迎えた7回。この回から登板した吉山(総4)だったが、四球、死球と制球が定まらず一挙4点を与えてしまい1点差となってしまう。しかし最終回に4番・山崎(社4)のだめ押し三塁打で1点を手にする。最後は吉山が抑えきり、6対4で関大に勝利した。
試合後のコメント
主将・中西一成(法4)「序盤、チャンスはあったがあと1本というところで止まってしまっていた。でも4回に上手くつながって長打が出たのはよかった。チームの雰囲気は非常にいいので、明日が最終戦となるが全力で勝ちにいく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です