【準硬式野球部】 同大との接戦に敗れる

 4月13日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第4節2日目(対同大)が行われ、2対3で敗北した。2点を追う5回、先頭・深堀(商4)がレフト前ヒットで出塁する。さらにヒット、送りバントで3塁へと進塁した関学は相手の暴投で1点を返す。さらに死球により1点を追加し同点となった。しかし6回、相手に1点を奪われ、逆転の機会を狙うも得点できず。2対3で接戦を制することはできなかった。
試合後のコメント
主将・中西一成(法4)「先制され追いつくことはできたが、決定打がでなかった。途中から登板した妙見(経4)もきっちり抑えてくれてた。関大に2試合とも勝って、優勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です