【硬式野球部】 勝ち点落とす

 4月8日、わかさスタジアム京都に於いて、関西学生野球六大学春季リーグ戦(対同大2戦目)が行われた。先発・ボイラン(社4)が5回3失点した後の6回表、代打・徳山(商3)の適時打で1点を返す。さらに8回表、無死二塁の場面で途中出場の小林祐(経4)が適時二塁打を放ち、追加点を得る。だが、あと1点を取ることができず試合終了。2ー3で同大に敗北を喫し、勝ち点を落とした。
試合後のコメント
清水監督「とても情けない。フライアウトが多く、好機を上手く活かせなかった」
主将・萩原圭悟(商4)「投手陣が3点に抑えてくれたが、打線が続かなかった。リーグ戦は始まったばかりなので、まず再来週の近代戦で1勝目を挙げたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です