【ハンドボール部男子】 初戦、接戦制し関大下す

 4月8日、同志社大学京田辺校地ディヴィス記念館に於いて平成24年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦1日目(対関大)が行われた。関学の先制点から始まった試合は終始関学がリード。前半は15対10と関学のペースで試合が進む。ディフェンスがうまく機能し、関大の攻撃を最小失点に抑えた。後半は関大の猛攻を受けるも、粘り強く点を取り、23対22で勝利した。
試合後のコメント
主将・矢吹悠帆(人4)「去年は関大に公式戦3戦3敗したから勝ててよかった。関大は粘り強く、しんどい試合だった。今日はディフェンスがよく、全員での勝利。これからも積極的に声を出し、志気を上げていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です