【準硬式野球部】 立命大にサヨナラ勝ち!

 3月30日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第2節2日目(対立命大)が行われた。1回から先発・吉山(総4)が好投を見せた。5回には満塁のピンチとなるも、粘りのピッチングで抑えきる。さらに守備陣が要所でファインプレーを見せる場面もあった。攻撃では1点がなかなか取れず苦しむが、9回に1死一塁の場面で小平(文3)がライトを超えるニ塁打を放ち、サヨナラのチャンスとなる。最後は金田(経3)の犠牲フライにより、1対0で見事サヨナラ勝ち果たした。
試合後のコメント
主将・中西一成(法4)「今日も1点をなかなか取れなくて、昨日と同じ展開になるかと思っていたが、下級生が勝負を決めてくれた。昨秋関西制覇して、勝って当たり前という雰囲気があったが、昨日の負けで気持ちを切り替えることができた」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です