【準硬式野球部】 満塁のチャンス活かせず惜敗

 3月29日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第2節1日目(対立命大)が行われた。1回に先制された関学だったが、5回以降先発・妙見(経4)が相手にヒットを与えなかった。9回の攻撃、3番・山崎(社4)が内野安打で出塁。さらに5番・斉藤(経3)がライト前ヒットを放ち得点圏に進む。その後満塁となるもチャンスを活かしきれず、0対1で立命大に惜敗した。
試合後のコメント
主将・中西一成(法4)「先制点を取られても追いつけると思っていた。満塁のチャンスもあと1本が出なかった。昨年の同大戦では今回と同じように1つ落としてから勝っているので、明日は切り替えて臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です