【準硬式野球部】 初戦快勝!

 3月21日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第1節1日目(対阪大)が行われた。開幕投手となった妙見(経4)が終始好投を見せ、相手打線を封じ込める。二回に先制点を奪った関学は五回、七回に9番・深堀(商4)がレフト方向にヒットを放ち得点を追加、3対0で初戦を白星で飾った。
試合後のコメント
主将・中西一成(法4)「初戦ということで緊張もあり、気温の低い中での試合だったが、緊張感のあるゲームができた。先制点を取れたことが大きな勝因。でもスクイズのミスややりたいことが今ひとつできなかったのは反省点です」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です