【庭球部】 山本みどり(人1)が単複2冠!

 3月13日、万博テニスセンターにおいて平成23年度関西学生新進テニストーナメント(本戦最終日)が行われた。女子シングルス決勝戦は上地敦子(商2)と山本みどりの同校対決。序盤から積極的な攻めを見せた山本がセットカウント2―0で勝利し見事優勝。上地は準優勝に終わった。また女子ダブルス決勝戦は山本・村上亜利沙(人1)組が最後まで安定した戦いを見せ、セットカウント2―0で勝利し優勝を果たした。尚、山本は今大会女子部として史上初の単複二冠を果たした。
試合後のコメント
上地敦子「準優勝に終わり悔しい。自分のペースで試合ができなかった」
山本みどり「二冠できて本当にうれしい。サーブがいつも以上に悪かったのでそれは強化していきたい」
村上亜利沙「優勝できてうれしい。全国で優勝したので優勝しないといけないと思っていた。春関も優勝目指して頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です