【水上競技部競泳パート】 関西5冠するも、課題残る

 3月3日、大阪水泳学校長吉プールに於いて第34回関西学生春季室内選手権水泳競技大会が行われた。山本麻利(社2)、森芳慎平(商1)らが大会新記録で2冠を達成。チーム全体では5冠とした。多くの選手が好成績を残し、4月の記録会へとつなげた。好成績者は以下の通り。
山本麻利
女子50㍍自由形:優勝(大会新)
女子100㍍自由形:優勝(大会新)
森芳慎平
男子1500㍍自由形:優勝(大会新)
男子400㍍自由形:優勝(大会新)
小野優(国1)
400㍍個人メドレー:優勝
前家空(国1)
200㍍個人メドレー:準優勝
那須野諭(人3)
男子100㍍バタフライ:準優勝
平谷源(文3)
男子100㍍平泳ぎ:準優勝
中村豊(社3)
男子100㍍自由形:準優勝
試合後のコメント
主将・平谷源(文3)「今回は、順位にはこだわらずタイムを重視していた。昨年より優勝数は多いが、ベスト更新者は少ないのでチームとしては反省しなくてはいけない。4月の記録会までにチームをきちんと統率していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です