【合気道部】 松井(社2)・松木(文2)組、演武で優勝

 12月11日、住吉武道館に於いて行われた第31回関西学生合気道新人競技大会。関学は演武対武器技法の部で松井調・松木直之組が優勝、女子乱取の部で上谷咲紀(文2)が準優勝を果たした。
試合後のコメント
稗田大純(法3)「入賞者が減ってきて寂しいし、悔しい結果だった。入賞者は良くやったと思う。関西大会ではこの悔しさを晴らしたい」
松井調「松木は去年優勝していて、自分は公式戦初出場だったので負けたら自分のせいだと思い、松木に必死でついていった。関西大会は連覇を狙うが、それも自分達次第だと思うので、もっと練習して強くなりたい」
松木直之「決勝の相手は全日で負けていたのでリベンジ出来て良かった。関西大会では新人戦で見つかった課題を克服して優勝を目指します」
上谷咲紀「正直ここまで来れると思っていなかった。結果はすごくうれしいが、あと一歩届かなかった悔しさもある。関西大会では乱取も演武も出て、やるからには優勝を目指したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です