【サッカー部男子】 Iリーグ全国制覇

 12月10日、愛知県光明寺公園球技場においてインディペンデンスリーグ2011第9回全日本大学サッカーフェスティバル決勝が行われた。関西地区代表として今大会に出場していた関学は、仙台大を1-0で下し、Iリーグ初の全国制覇を達成した。関学は後半16分にDF田中宏樹(法3)がMF花井慎吾(商4)のCKを頭で合わせ先制し、そのまま逃げ切った。
試合後のコメント
ゲームキャプテン・DF永瀬雄大(経4)「優勝できて素直にうれしい。たくさんの方々に応援してもらっていたので、結果で恩返しをすることができたと思う。このチームはまとまりが強く、ミスがあっても全員でカバーできていた。自分自身ずっとサッカーで日本一になりたいと思っていたので、最高の形で引退を迎えることができたと思う。後輩たちの中には今大会を経験した選手もいるので、この経験を生かして今以上にまとまりがあり、多くの人に応援してもらえるようなチームを作ってほしいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です