【バレーボール部】 グループ戦1位通過

 12月7日、駒沢体育館に於いて行われた第64回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会グループ予選。大会2日目の今日、関学は皇學館大と対戦した。関学は序盤からスパイクを次々に決め、第1セットを25―17で奪う。第2セットも関学ペースで試合が進み、6連続ポイントなどで相手を圧倒。25―12でこのセットを奪い、セットカウント2―0のストレート勝ちを収めた。尚、この勝利でグループ戦1位通過を果たし、決勝トーナメント進出を決めた。
試合後のコメント
若狭麻希人(商4)「相手は格下だったが、相手のペースに合わせず自分たちのペースでバレーが出来た。明日から負けたら終わりのトーナメントが始まるが、今までやってきたことを出して、この仲間と1試合でも多く試合をしたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です