【アメリカンフットボール部】 4年ぶり甲子園ボウル出場!

 12月4日、王子スタジアムに於いて全日本大学アメリカンフットボール選手権準決勝(西日本代表決定戦・対中京大)が行われた。関学は開始早々DB大森(社2)がインターセプトに成功。そのままエンドゾーンまで走りきり先制TDを奪う。相手に1本のTDを許すも、終始関学ペースで試合は進み、55―6で勝利を収めた。この結果により関学は甲子園ボウルへの出場を決めた。
試合後のコメント
鳥内監督「今日はいらないファンブルが多かった。今日のゲームは次に繋がるゲームではなかった。このままではディフェンスが良く、外国人選手いる日大に勝てないだろう」
主将・松岡正樹(経4)「今日の試合は今出られるメンバーの中でのベストメンバーだった。しかし、まだまだ。立命大戦前の1週間と今週では気持ちの入っていない者が多かった。甲子園ボウルに出られるのはうれしいが自分たちの目標はあくまでもライスボウルで勝利し日本一になること。2週間後の日大は強敵だがいい勝負をするのではなく圧倒して勝利したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です