【体育会学生本部】 3部合同でスポーツ教室が行われる

 11月26日、関西学院大学上ヶ原キャンパス総合体育館フェンシング場、体操場、卓球場に於いて、フェンシング部、体操部、卓球部の3部合同で、初等部スポーツ教室が行われた。それぞれの部の選手たちは、各部の魅力を存分に伝え、和気あいあいと児童たちと交流した。
教室後のコメント
フェンシング部主将・小泉裕平(法3)「本当に皆元気が良かった。教える立場としても、再度基礎を学び初心に返れました」
卓球部主務・横山敬征(社3)「小学生が元気で、自分も明るく前向きになれたし、楽しかった。卓球は相手のコートに入れないと始まらないので、自分の感覚でコートに入れるということを教えるのが難しかった。中等部、高等部で卓球部に入って、強くなって大学に来てほしい」
体操部主将・佐貫由明(人3)「普段体操に触れる機会のない子ども達に刺激となったと思う。体操競技人口の増加につながれば嬉しい。小学生たちには、いろんな競技をもっと知ってもらい、挑戦していって欲しいです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です