【馬術部】 全国の強豪相手に奮闘

 11月2、3日、三木ホースランドパークに於いて第61回全日本学生賞典障害飛越競技大会が行われた。関学からは三木(商4)×陽峰組、佐伯(人4)×月雅組、桐木(文4)×月聡組らが出場。三木×陽峰組は第1走行の21位から大きく躍進し、第2走行では減点4で終え11位入賞を果たした。なお団体成績では13位につけており、明日からの馬場馬術競技に期待がかかる。
試合後のコメント
三木翔一朗「団体を組むことができなかったのは残念。でも個人的には悔いはない。馬場では団体が組めるように頑張りたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です