【準硬式野球部】 京産大に勝利し、関西制覇!

 11月2日、舞洲ベースボールスタジアムに於いて関西地区大学準硬式野球選手権大会が行われた。大会3日目の今日、京産大と優勝をかけて争った。準決勝では延長サヨナラ勝ちを収め、勢いのある関学はニ回、中西(法3)が三塁打を放つ。続く斎藤(経2)の犠牲フライで先制に成功。三回にも先発・吉山(総3)が安打で出塁し、長井(法3)、山崎(社3)の適時打で2点を追加する。守りでは吉山が好投し、なかなか得点を許さない。さらに五回、七回、九回に1点ずつ追加した関学は6対1で勝利を収めた。これをもって関学は見事、関西制覇を果たした。
試合後のコメント
主将・中西一成(法3)「関西制覇を目標にしてきたので、達成できて良かった。これからはチーム力向上を目指して、春季リーグ戦でも優勝できるよう頑張ります」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です