【準硬式野球部】 関西選手権初戦を快勝!

 10月31日、舞洲ベースボールスタジアムに於いて関西地区大学準硬式野球大会(対大商大)が行われた。関学は、三回に深堀(商3)、山崎(社3)のタイムリーが飛び出し一挙5得点のビッグイニングを作る。五回に1点を返されるも関学は五回、七回にも追加点を加え、7対1で大商大を下した。先発・妙見(経3)も八回1失点の好投を見せた。
試合後のコメント
主将・中西一成(法3)「序盤に点が入らず嫌な予感がしたが、三回にビッグイニングを作れて良かった。絶対に負けられない戦いの中でも守りに入らず攻めの姿勢が見られた。明日も勝ちにいきたい」
先制タイムリーとなった深堀正隆「みんなが作ってくれたチャンスでなんとかしたいと思っていたのでよかった。これからも一試合一試合必死に頑張っていきたい」
今試合5打点の山崎大輝「インコースのまっすぐを運んだ。ライト線ギリギリだったので、念じてました。ボリ(深堀)が1点取ってくれた後だったので自分も1本出せてよかった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です