【合気道部】 演武競技3部門で入賞!

 10月30日、天理大学武道館で行われた第42回全日本学生合気道競技大会。演武競技で関学は女子対武器の部で堤(法3)・橋本(文4)組が優勝。男子対徒手の部で稗田(法3)・湯口(経3)組が準優勝。男子対武器の部で松木(文3)・内海(法3)組が3位に入賞した。
その他乱取競技の結果は以下の通り。
男子乱取競技団体戦 4位
個人戦 湯口隼人 ベスト8
試合後のコメント
主将・稗田大純「まだまだ鍛え直さないといけない。男子乱取団体の関西王者が全国で4位っていうのは悔しい。パワーのある大型選手に押しきられてしまった。演武ではもう1部門で優勝があってほしかったけど、甘い考えだと思うがみんなよくやったと思う。来年の関西大会でも今回関学に多く立ちはだかってきた近大にいかに勝てるかが課題になる。チーム全体のレベルアップが必要」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です