【ラクロス部男子】 リーグ最終戦白星!ファイナル3準決勝へ

 10月29日、服部緑地人工芝サッカー場に於いて第22回関西学生ラクロスリーグ戦第7戦(対京産大)が行われた。開始直後に先制されてしまうも、その後流れは関学へ。第2Q(クオーター)に入り、同点に追い付くとその後もAT細本(社3)、AT吉野(経2)らが次々に得点を決め勢いに乗っていく。続く後半も京産大を押さえ込み、11ー4で勝利。リーグ最終戦を白星で締めくくった。また、ファイナル3へは2位通過が確定した。
試合後のコメント
主将・前川友穂(商4)「消化試合ではあったが、勝つのと負けるのとではファイナルへの勢いとかが違うので、勝ててよかった。立ち上がりは駄目だったけど、今まで接戦をものにしてきたので今回も粘り強くいけた。ファイナル3準決勝では相手も必死でくるはずなのでこっちも気持ちをしっかり持ってぶつけていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です