【バレーボール部】 接戦ものにできず

 10月22日、佛教大学に於いて2011年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦第9戦(対龍大)が行われた。互いの意地と意地がぶつかり合い、終始競った展開となる。だが一歩及ばず、関学はセットカウント1―3で敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・若狭麻希人(商4)「リーグ最終日前日にも関わらず、4年生が引っ張りきれなかった。明日は最終戦なので、関学らしいバレーをして締め括りたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です