【バドミントン部男子】 1部復帰!

 10月22日、天理大学に於いて平成23年度関西学生バドミントンリーグ入れ替え戦(対関大)が行われた。シングルス1の主将・西川(経4)、シングルス2の安田(社2)の勝利でいい流れをつかんだ関学。ダブルス1の西川・城野(経2)組は接戦の末敗れるも、ダブルス2の坂井(経3)・矢神(商2)組が勝利。関学は3−1で関大を下し、1部昇格を決めた。4年生はこれで引退となった。
試合後のコメント
主将・西川夏樹(経4)「インカレ後の気持ちが高まってる時だったのもあり、いい雰囲気で戦えた。4年生はこれで引退なので、後輩たちには関西制覇に向けて頑張ってもらいたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です